こんにちは

私たち信州大学交響楽団は、信州大学を活動拠点とする学生オーケストラ団体です。昭和38年に、医学部音楽研究会としてわずか5名で発足されました。現在では団員数100名を超える楽団に発展し、「地域に根差したオーケストラ」という運営方針に基づき多彩な演奏活動を通じ、大学の諸行事や地域の音楽文化に貢献しております。

活動内容は、春と秋の年2回の定期演奏会を中心に志賀高原や白樺湖での合宿、仲間内での発表会や、県内各地での演奏等を行っています。夏には小澤征爾さんを総監督として毎年開催されている国際音楽祭OMFと信大オケ有志団員が密に関わって運営や演奏を手伝い、共にフェスティバルを楽しみ、時には一流のプレーヤーと共演して、刺激的な日々を過ごします。過去には、日本の学生オーケストラとして初となるヨーロッパ各地への演奏旅行をはじめバンコクへ公演に出かけたり劇団四季や牧阿佐美バレエ団との共演、また全日本大学オーケストラ大会に出場し上位3校が選出される優秀校に選ばれています。2016年7月アートメントNAGANOのフラッシュモブに出演し、フラッシュモブ大賞をいただきました。今年2017年は小布施音楽祭に招聘されて参加するほか当団第100回目の定期演奏会を迎えます。