専門家が美容・健康製品を徹底レビュー

SUSO

  • この記事の監修者
SAYA

Saya

埼玉県出身。1975年生まれアラフォーの女。某大手化粧品メーカーに11年勤務して2009年退社。現在は化粧品関連の記事の執筆や監修、美容アドバイザーとして活動中。日本化粧品検定1級取得。ダイエット指導など。

オールインワンコスメ ニキビケア向け 美容

【断言します】「わらびはだ」はイボに効果ありません【主な効果を解説】

投稿日:

「わらびはだ」はイボに効果ありません

最近「わらびはだ」というオールインワン化粧品が、イボに効果があると話題を集めています。

口コミでも「治った」という内容が少なからず投稿されており、効果の高さを期待されていますが、実は「わらびはだ」はイボに効果があるわけではありません。

ということで、この記事では「わらびはだ」の効果についてお話します。

筆者は某大手化粧品メーカーに11年勤務し、美容アドバイザーとして活動もしていますので、より正確にお伝えできるかと思います。

そんな私が、イボに関しての内容を主なテーマとして、「わらびはだ」とはどんな化粧品かを詳しく解説します。

「わらびはだ」はイボに効果ありません

「わらびはだ」はイボに効果ありません

理由は簡単で、イボは皮膚科による治療法以外で対処が難しいからです。

またイボにも、顔や首元にできるタイプは3種類あり、ハサミなどで自分で切除することは可能ですが、それで肌を傷つけると感染症の恐れもあるので避けましょう。

スキンケアを毎日行っていれば、イボなどのプツプツが取れたり消えたりするという口コミもありますが、確かにそのケースはあるようです。

ですが、それはたまたまイボが取れたというパターンが殆どで、別の場所に再発する可能性も低くありません。

なので、イボを治す目的で「わらびはだ」を買う方は、素直に皮膚科での治療がオススメです。

イボは3種類あり、どちらも皮膚科で治療するのが推奨される

3種類あるイボについて解説します。

以下の通りです。

  • アクロコルドン
    …大きさが1~2mmの平べったい形
  • スキンタッグ
    …大きさが2~5mmほどで、隆起してる
  • 懸垂性線維腫
    …大きさが5mm以上、房状に垂れ下がっている

首にできやすいのは「アクロコルドン」と「スキンタッグ」の2種類で、どちらも皮膚科で治療することができます。

アクロコルドン

アクロコルドンの特徴は「小さい」「あまり盛り上がっていない」「褐色」の3つあります。

大きさが大体1~2mmほどなので小さく、この程度なら自然に消えてしまうケースもありますが、治療してしまうほうが確実に治ります。

また非感染症なので、長期間放置していても悪影響はほとんどありません。

スキンタッグ

スキンタッグは、アクロコルドンが少し成長したもので、大きさが2~5mmほどあり隆起しているのが特徴です。

皮膚から飛び出しているイボなので、ハサミによる切除が一般的な治療方法です。

ここまで来ると「わらびはだ」のようなスキンケア製品では治療が難しいので、素直に皮膚科で治療を行いましょう。

懸垂性線維腫

5mmを超えるほど大型のイボですが、このサイトは医療専門誌では無いので説明を省きます。

とにかくスキンケアでは治療できないので、この大きさに該当する場合は皮膚科へ受診してください。

詳しい内容はクリニックの記事が参考になるので、興味のある方はチェックしてみてください。
>> 首のイボ - てしまクリニック

ということで3種類のイボを簡単に解説しましたが、どれも病院やクリニック等で治療するのが一般的な治し方です。

「わらびはだ」などのスキンケア製品での治療は非常に難しく、治ったという口コミはあるものの、定かな前例が無いのが現実です。

とはいえ、「わらびはだ」はオールインワン化粧品として優秀ですし、肌の保湿や肌トラブルの対処などには非常に効果があるので、使う価値は十分あります。

ただ、イボ治療には意味がないということだけです。

イボの治療法について簡単に解説【見た目もキレイになります】

また治療法ってどんなものがあるの?ということでこちらも合わせてご紹介します。

以下の4つが代表的です。

  1. 医療用のハサミ(減菌処理済みのハサミ)
  2. 液体窒素療法
  3. レーザー
  4. 電気メス

イボが少なくて隆起していれば、医療用のハサミでの切除、ハサミで取れない場合やイボの数が多い場合はハサミ以外の方法が一般的です。

一番痛みが少ない方法は「ハサミ」ですが、痛みが出そうなら麻酔をするケースが多いので安心してください…。

また、「ハサミ」「液体窒素療法」は保険が使えますので、数千円で治療できます。レーザー治療は自費治療になります。

ということで治療方法までご紹介しましたが、どの方法もキレイにイボを処理できるし、「わらびはだ」よりもコスパが良いので、素直に皮膚科へ行くようにしましょう。

じゃあ「わらびはだ」は買う意味が無いのかというと、そうではありません。

「わらびはだ」は顔や首のポツポツやニキビなどには効果を発揮する

イボに効果がない一方で、「わらびはだ」は高濃度な美容成分、保湿成分が使われており、美容効果は抜群にあります。

配合成分については以下の通り。

「わらびはだ」は顔や首のポツポツやニキビなどには効果を発揮する

水、BG、グリセリン、エタノール、スクワラン、ホホバ種子油、ユビキノン、セリン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、シイクワシャー果実エキス、アセロラ果実エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、アロエベラ葉エキス、ハトムギ種子エキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス(馬)、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、キサンタンガム、水添レシチンコレステロール、ココイルサルコシンNa、フェノキシエタノール、オクラ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヘチマエキス、オリゴペプチド-24、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、水酸化K、HEDTA-3Na、エチルヘキシルグリセリン、プチルカルバミン酸ヨウ化プロビニル、ヒドロキシプロビルシクロデキストリン

上記が全成分となります。画像では見にくいので抜粋しました。

オールインワン化粧品としても抜群の配合量なので、普通に高級化粧品並の美容効果が得られます。

特に保湿効果には特化しているので、「ニキビ」「肌のプツプツ」などの予防・改善に大きく貢献してくれます。

グリチルリチン酸2Kによる抗炎症作用で、肌荒れも抑えることができるので、まさにニキビケアとしては最強の化粧品と言えますね。

結論:肌のプツプツやニキビを治す目的なら買うべき

ということで、結論は「ニキビケア」「プツプツ改善」などの目的で購入するなら、「わらびはだ」は最適であるということです。

逆に「イボを治す」つもりなら買うべきではありません。

万が一「わらびはだ」でイボが治ったとしても、皮膚科での治療のほうがコスパが良いし確実です。

ということで「わらびはだ」をイボ関連で解説してきました。ほとんどイボ治療の内容になってしまった気がしますが、、、

続いては「わらびはだ」の効果について解説していきます。

「わらびはだ」の効果は全部で5つ

「わらびはだ」の効果は全部で5つ

以下の5つです。

  1. ニキビケア
  2. 顔のプツプツ(毛のう炎)
  3. 乾燥肌対策(肌の保湿)
  4. 抗炎症効果
  5. 肌のトラブル

効果その①:ニキビケア

「わらびはだ」の抗炎症作用のある成分が作用して、ニキビケアを行うこともできます。

ニキビの原因は「皮脂が過剰分泌して肌が荒れる」ことなので、肌の炎症を抑えることはニキビ改善につながることになります。

また「わらびはだ」には肌の保湿効果に特化した成分も使われているので、肌が潤って皮脂の分泌を抑えることも可能。

根本的にニキビケアが行えるので、ニキビが発生しやすい思春期のお子様にも使えますし、治りにくい大人ニキビもしっかりとケアしてくれます。

効果その②:顔のプツプツ(毛のう炎)

ニキビでもイボでも無いほど小さなプツプツ(毛のう炎)のケアとしても最適です。

直接治療するというより、肌を落ち着かせて皮膚を守ってくれるので、自然治癒の速度もあがり治りやすくなります。

といっても毛のう炎自体はニキビよりも治りが早いので放置しても治りますが、万が一悪化すると赤ニキビのようにひどく跡が残るので、しっかりケアをすることが大切です。

「わらびはだ」は顔のプツプツ(毛のう炎)のケアに最適な成分を複数配合、そして肌を保護するために役立つ成分も使われているので、ケアに最適です。

効果その③:乾燥肌対策(肌の保湿)

「わらびはだ」はコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分、美容成分が使われているので、肌を保湿することにも特化されています。

以下に公式サイトから抜粋した「わらびはだを使用して1週間の実験結果」があるので見てみましょう。

肌水分量を比較していますが、理想的な水分および油分の割合になっていることがわかります。

肌をただ潤わせてるだけでなく、根本から肌を保湿してプルプル肌に導いてくれるので、年齢肌の対策にもぴったりですね。

また、「わらびはだ」はオールインワン化粧品に分類されるので、スキンケアの各工程が不要になり、これ1つで全てを網羅できます。

ケアの時短もできますし、より適切な乾燥肌対策も行えるので、「わらびはだ」はオススメです。

効果その④:抗炎症効果

繰り返しになりますが、わらびはだは抗炎症効果も期待できます。

これはグリチルリチン酸2Kによる抗炎症作用が理由としてあげられます。

肌荒れを防止・改善するのでニキビの改善や赤みを治すことにつながるので、肌が弱い人には最もぴったりなスキンケアアイテムと言えますね。

他にもいろんなところで役立ちます。

  • 除毛後のアフターケア
  • 紫外線を浴びた跡のアフターケア
  • ニキビケア

肌が荒れたらすかさず塗っても効果は抜群。

いろんなところで使えるので便利です。

特に紫外線対策については、アフターケア次第で肌に大きく影響してくるので大切です。

紫外線対策については以下の記事を参照してください。

日焼け止め
紫外線対策は年中行う必要性と理由【日焼け止めは冬でも塗るべき】

日焼け止めって夏しか行わないイメージが強いですよね。実際私も今までは夏以外に日焼け止めをしたことがありませんでしたが、紫 ...

続きを見る

効果その⑤:肌トラブルの対処

「わらびはだ」は美容効果のある成分も複数使われているので、「シミ」「しわ」「たるみ」などの肌トラブルにも有効です。

先程、【「わらびはだ」は顔や首のポツポツやニキビなどには効果を発揮する】の項目で紹介した成分の中には、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸などの王道な美容成分も使われています。

また、植物由来のエキスが肌を整わせて潤い感をアップ、ハリ艶も良くしてくれるので、一般的なスキンケア商品よりも高い効果が期待できます。

結論:オールインワン化粧品として万能なので試しに使うべき

正直言えば、ここまで優秀なオールインワン化粧品は大変珍しいので、イボに悩みを抱える方はもちろん、年齢肌に悩む女性にもぴったりなので、試しに使ってみて欲しいというのが結論です。

化粧品は使わないと、自分に有効かどうかは分かりませんから、できるだけ安く試せる場所で買うと良いですね。

ちなみに価格ですが、通常価格だと4,990円です。

公式サイトだと初回特別価格で66%OFFになり、1,680円でお試しできますので、興味ある方は公式サイトへアクセスしてみてください。
>> 「わらびはだ」公式サイト

期間限定か分かりませんが、今なら30日間返金保証も付いているので、お試しするならお早めに、、

ということで今回は以上です。

ちなみに「わらびはだ」と併用すると更に効果的な化粧品もあるので、コチラも合わせてチェックしてみてくださいね!

オールインワン化粧品
30代女性向け!オールインワンジェルおすすめランキング10【コスパも重視しました】

オールインワンジェルは高保湿で高機能なので幅広い年代の方に愛されています。ただ、数が多いためどれから試していいか分からな ...

続きを見る

当サイトの口コミについて

掲載されている口コミは全て個人の感想によるものです。効果効能を証明するものではありません。

-オールインワンコスメ, ニキビケア向け, 美容
-,

Copyright© SUSO , 2019 All Rights Reserved.